自動車学校の費用は分割払いできる?

       
  • 公開日:2022/5/2
  • 最終更新日:2022/5/2
自動車学校の費用は分割払いできる?

免許を取得する際に、最も不安を感じるのが、「免許取得にかかる費用」です。
自動車学校では、学科教習、技能教習、検定試験などを受けますが、それらにかかる費用は安いと言われる合宿免許でも約20万円かかります。
また、通学制であれば約30万円の費用が必要です。

親が負担してくれる、あるいは親族などが負担してくれるということなら、大きな問題にはならないでしょうが、学生や新社会人になったばかりの人にとっては大金です。
一括で支払うのは難しいケースも少なくありません。

自動車学校によっても異なりますが、クレジットカードによる分割払いに対応しているところもあります。
分割払いが可能な自動車学校であれば、入校時にすべての費用を準備しておく必要がないので、無理をせずに通学が可能です。

自動車学校の費用に不安があるという場合には、どのような支払方法があるのか、分割払いが可能かをチェックしておきましょう。

関連リンク:自動車学校を約10万円安くする方法!一番安い入学方法を解説!

運転免許ローンを利用することも可能

クレジットカードによる分割払いが可能な場合もありますが、学生などでクレジットカードを持っていないという人多いでしょう。
自動車学校にかかる費用については、分割払いだけでなく、運転免許ローンを利用することも可能です。
運転免許ローンとは、銀行などの金融機関から融資を受けて、その融資されたお金を自動車学校の費用に充てるというものになります。
運転免許ローンは、誰でも申し込みをすれば利用できるものではなく、金融機関による審査を受けて審査に通過した場合に利用できるというものです。

運転免許ローンは、大手の銀行はもちろん地方銀行などでも取り扱っています。
なかでも個人的にオススメしたいのが、「イオンの運転免許ローン」です。
オススメの理由としては、学生限定の特典があるということ。
その特典とは学生を対象として、最長6か月後からの支払開始が可能というものです。
進学してから、あるいは就職してから借りたお金を支払うというものになります。
在学中に免許を取得して、就職して給料をもらえるようになったら、支払いを開始するということです。

また、返済プランを自由に選べることができます。
支払回数は1~60回の間で設定することができ、月々の返済額は3,000円からと無理のない返済が可能となっています。
さらに、ボーナス併用払いの設定もできるから、無理がなくオススメです。

在学中に、免許費用を一括で準備するというのはとても困難ですので、無理なく在学中に免許を取得するには、運転免許ローンを活用するとよいでしょう。
免許を取得したいけれど、費用の問題で取得できないと悩んでいる人は、ぜひ運転免許ローンを検討してみることをオススメします。

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

コウ運営者

投稿者プロフィール

18歳の誕生日を迎えて、合宿免許自動車学校に入校しました。
12月生まれのため年末年始を挟むと合宿免許の宿泊施設費用が追加で発生する状況で一発で合格して卒業しなければいけませんでした。
無事に年内で卒業できました。
卒業後は年明け後に本試験を受け合格して1月12日に免許を交付しました。
合宿免許自動車学校で免許取得した経験と一発合格した経験を記事にしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。