過去の記事一覧

    自動車学校の自主経路設定とは何をする教習?

    自動車学校の第二段階の教習で受講するのが、自主経路設定です。 自主経路設定とは、名前の通りで、自分で走行する道を選択、設定して走るという教習。 自主経路設定の具体的な説明は以下の通りです。 自分で走行する道を設定して運転する 自主経路設定を受講するには、「経路設定」の学科教習を受講しておく必要がある 自主経路設定の目的は、主体的な運転ができるようになること 自動車学校では、指導員を乗せて技能教習を受けます。 指導員に指示された道を走行して運転するのが、通常の技能教習。 しかし、自主経路設定では自…続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    自動車学校のセット教習とは、どのような教習なのか?

    自動車学校で行われる、「セット教習」とは技能教習(危険を予測した運転)と学科教習(危険予測ディスカッション)を連続で受講する教習のことです。 具体的には、以下のような内容となります。 2~3名の教習生と指導員で行われる 教習生が交代で運転を行い、良い点や注意点などを記録、その後ディスカッションする 運転をしない教習生は、後部座席で運転をする教習生を観察する 技能教習の後に学科教習を行うため連続での受講が必要となる セット教習は、普通の教習と大きく異なります。 予約の状況などによっても異なりますが…続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    自動車学校で指導員を指名することはできるのか?

    自動車学校では、指導員を指名できる場合とそうでない場合があります。 指導員を指名できるメリットには以下の通りです。 自分にあった指導員、相性の良さそうな指導員を選ぶことができる 同じ指導員から指導をしてもらうことで、効率の良い教習を受けることが可能 指導員と良いコミュニケーションを築くことで、楽しく教習を受けることができ、上達も早くなる 毎回同じ指導員に指導してもらうことで、精神的な緊張を和らげることができる 自動車学校では、必ず指導員による教習を受けることになりますが、自分と相性の悪い指導員に…続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    合宿免許は仲の良い友達と行くと多くのメリットがある!

    合宿免許は、一人で参加するのも良いですが仲の良い友達と行くと多くのメリットがあります。 仲の良い友達と一緒に行くメリットは以下の通りです。 精神的な負担を軽減することができる 教習でわからないことなどを相談しやすい 空いている時間に一緒に観光や買い物に出掛けることができる 友達と参加することで、通常よりも料金が安くなる、キャッシュバックを受けられることがある 友達がいることで安心感がある 合宿免許では、慣れない土地で生活をすることになりますし、初めて行う車の運転に戸惑うことも少なくありません。 …続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    合宿免許には年齢制限があるって本当?

    合宿免許には、プランによって年齢制限が設けられている場合があります。 具体的には、以下のようなものです。 25歳以下限定 29歳以下限定 35歳まで 45歳まで 45~65歳 合宿免許は、自動車学校へ通学する場合と比較して短期間で免許を取得することができるため、非常に人気があります。 普通免許であれば、18歳以上であれば免許を取得することができますが、合宿免許のプランによっては、紹介してきたように年齢制限が設けられているプランがあるので、注意が必要です。 合宿免許に申し込む前に、対象年齢をしっか…続きを読む
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    自動車学校を卒業後どうすればよいのか?本試験の試験内容と合格基準・合格率・必要な物について

    自動車学校を卒業後は、運転免許試験場や運転免許センターに行って、試験を受ける必要があります。 自動車学校を卒業してももらえるのは、卒業証明書だけで、免許証は交付されません。 通常運転免許センターでは、適性検査、技能試験、学科試験が行われ、それらに合格すると免許証が交付されます。 しかし、自動車学校を卒業すると、卒業証明書を受け取ることができるので、この卒業証明書を持参すれば、技能試験が免除となります。 適性検査と学科試験だけを受けて、合格すると、免許書が交付されるのです。
    自動車学校を卒業後は、運転免許試験場や運転免許センターに行って、試験を受ける必要があります。 自動車学校を卒業してももらえるのは、卒業証明書だけで、免許証は交付されません。 通常運転免許センターでは、適性検査、技能試験、学科試験が行われ、それらに合格すると免許証が交付されます。 しかし、自動車学校を卒業すると、卒業証明書を受け取ることができるので、この卒業証明書を持参すれば、技能試験が免除となります。 適性検査と学科試験だけを受けて、合格すると、免許書が交付されるのです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    自動車学校の卒業検定とはどんな試験?卒業検定に不合格だった場合はどうなる?

    自動車学校の卒業検定(卒検)とは、自動車学校を卒業するために、最後に受ける技能試験のことです。 学科試験はありません。 自動車学校を卒業するためには、卒業検定に合格しないと卒業することができないのです。 卒業検定では、これまで教習を受けてきた内容を基に、どれだけ安全に運転を行うことができるかをチェックします。 また、卒業検定は、路上と自動車学校内のコースの両方で行われる。 卒業検定に合格すると、自動車学校を卒業することができ、卒業証明書をもらうことができるのです。 卒業証明書は、とても重要な書類で、運転免許センターで本試験を受ける際に、技能試験を免除してもらうことができます。 注意しておきたいのは、自動車学校の卒業検定に合格しても、免許証が交付されるわけではないということ。 合格してもらえるのは、卒業証明書で、免許証は交付されません。
    自動車学校の卒業検定(卒検)とは、自動車学校を卒業するために、最後に受ける技能試験のことです。 学科試験はありません。 自動車学校を卒業するためには、卒業検定に合格しないと卒業することができないのです。 卒業検定では、これまで教習を受けてきた内容を基に、どれだけ安全に運転を行うことができるかをチェックします。 また、卒業検定は、路上と自動車学校内のコースの両方で行われる。 卒業検定に合格すると、自動車学校を卒業することができ、卒業証明書をもらうことができるのです。 卒業証明書は、とても重要な書類で、運転免許センターで本試験を受ける際に、技能試験を免除してもらうことができます。 注意しておきたいのは、自動車学校の卒業検定に合格しても、免許証が交付されるわけではないということ。 合格してもらえるのは、卒業証明書で、免許証は交付されません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    自動車学校の応急救護処置とはどのような教習なのか?

    自動車学校の教習で必ず行われるのが、「応急救護処置教習」です。 応急救護処置教習とは、負傷者の救出、安全な場所への移動方法、119番通報の仕方、止血方法、心肺蘇生などの応急救護処置について学ぶもの。 応急救護は、自動車事故を起こしたドライバーに課せられた義務です。 自動車事故を起こした際に、必要な処置を行うために、自動車学校で応急救護について学ぶことになります。
    自動車学校の教習で必ず行われるのが、「応急救護処置教習」です。 応急救護処置教習とは、負傷者の救出、安全な場所への移動方法、119番通報の仕方、止血方法、心肺蘇生などの応急救護処置について学ぶもの。 応急救護は、自動車事故を起こしたドライバーに課せられた義務です。 自動車事故を起こした際に、必要な処置を行うために、自動車学校で応急救護について学ぶことになります。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    合宿免許に自由時間はあるのか?スケジュールに余裕があるから心配無用!

    合宿免許には教習時間の他に、自由時間があります。ただし、自由時間がどのくらいあるのかは、それぞれの自動車学校によって異なります。また、合宿免許の場合は、基本的に休日は設けられていないという場合がほとんどです。ですが、年末年始などの場合には、自動車学校が休みになってしまうので、休日があるという場合も考えられます。自動車学校によっては、日曜日が休みになっているところもありますが、原則合宿免許には休日はないと考えておくとよいでしょう。
    合宿免許には教習時間の他に、自由時間があります。ただし、自由時間がどのくらいあるのかは、それぞれの自動車学校によって異なります。また、合宿免許の場合は、基本的に休日は設けられていないという場合がほとんどです。ですが、年末年始などの場合には、自動車学校が休みになってしまうので、休日があるという場合も考えられます。自動車学校によっては、日曜日が休みになっているところもありますが、原則合宿免許には休日はないと考えておくとよいでしょう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    合宿免許で一時帰宅することは可能なのか?一時帰宅が認められるケースとは!?

    一時帰宅とは、文字通り、一時的に、合宿免許を行っている自動車学校から離れて自宅に戻ることです。 合宿免許は原則決められたスケジュールで教習を受けるため、自宅に帰ることができません。 ただし、大学生などが合宿免許で免許を取得する場合、大学の試験、卒業式、内定式等でどうしても一時的に帰宅しなければならない状況もあります。 このように、どうしても一時的に帰宅しなければならないときに、利用するのが一時帰宅なのです。 一時帰宅の日数については、1~2日程度と考えておきましょう。
    一時帰宅とは、文字通り、一時的に、合宿免許を行っている自動車学校から離れて自宅に戻ることです。 合宿免許は原則決められたスケジュールで教習を受けるため、自宅に帰ることができません。 ただし、大学生などが合宿免許で免許を取得する場合、大学の試験、卒業式、内定式等でどうしても一時的に帰宅しなければならない状況もあります。 このように、どうしても一時的に帰宅しなければならないときに、利用するのが一時帰宅なのです。 一時帰宅の日数については、1~2日程度と考えておきましょう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る