自動車学校を約10万円安くする方法!一番安い入学方法を解説!

公開日:2021/6/19   最終更新日:2022/5/9

合宿免許安くする方法

運転免許を取得できる年齢になったけど自動車学校の費用は高額なので少しでも節約したい。

一番安い入学方法を勉強しておきたい。

手っ取り早く自動車学校の費用を節約するなら時期によって料金は大きく変動するので安い時期に申し込みすることがポイントです。

自動車学校の安くなる時期はいつなの?
どんな割引制度があるの?
自炊プランってなに?
AT限定で申し込みすると節約できる?
大学生協から申し込みするメリットは?
相部屋にするメリットデメリットとは?

以上のポイントについて解説していきます。

安い時期に申し込みする節約方法は合宿免許だけでなく一般の自動車学校でも約10万円ほど節約ができます。

まず合宿免許や自動車学校を一番安くする方法の繁忙期を避ける方法について解説します。

合宿免許や自動車学校を約10万円安くする方法とは?

自動車学校を安くする方法

手っ取り早く合宿免許や自動車学校を大幅に安くする方法をご紹介します。

繁忙期を避けるだけです。

繁忙期は1年の中で2回あります。

1回目は2月~3月の春休みシーズン

2回目は8月~9月の夏休みシーズンです。

この時期には自動車学校の予約や合宿免許の申込が増えるため免許取得に必要な費用が割高になります。

繁忙期は約1.5倍程度の割高になると考えておきましょう

例えば安い時期は20万円だけど、繁忙期は30万円まで値上がりするとゆうことです。

この時期を避けて合宿免許を申込することで約10万の節約ができます。

どうしても春休みや夏休みに自動車免許を取得しなければならない事情がない限り繁忙期は避けると良いでしょう。

繁忙期を避けるだけでも約10万円安くできることがありますが、他にも割引制度や複数名で利用したり自炊プランなどを選ぶことで合宿免許や自動車学校をお安くできます!

POINT

2月~3月の春休みシーズン、8月~9月の夏休みシーズンは繁忙期で割高になるので避けて自動車学校に申し込みすると割安になります。

他にもある合宿免許の費用を安くする方法は『割引制度』を活用すること!

割引

次に合宿免許の費用を安くする方法は、割引制度の活用する方法です。

合宿免許は、短期間で免許取得することができるため人気があります。
しかし、短期間で取得することができるとはいえ、多くの費用がかかります。
合宿免許の費用を安くする方法は、繁忙期を避けて割引制度も活用することで大きく免許取得費用を値下げできます。

合宿免許には様々な割引制度があります
一般的によく知られている割引制度は以下のものです。

  1. 早割
  2. グループ割
  3. 学割
  4. 女性割
早割とは

早期の申し込みを行うことで、通常の料金から割引してくれるというものです。
早期の申し込みとは、具体的に言えば、2ヶ月以上前の申し込みが対象となります。
ただし、自動車学校によって異なるので、早割の適用条件などはチェックしておきましょう。

グループ割とは

1名ではなく、2名以上、あるいは3人以上が同じ自動車学校に入学するという場合に受けられる割引のことです。
対象人数については、自動車学校によって異なりますので、注意しましょう。

学割とは

高校生、専門学校生、短大生、大学生などの学生が対象となる割引制度のことです。
学割を利用する場合には、学生であることを証明する資料として、学生証の提示などが求められます。

女性割とは

女性限定で受けられる割引サービスのことです。
女性割については、行っていない自動車学校もあるので、注意しましょう。

割引制度では、どのくらい安くすることができるのかということですが、約5,000円~15,000円となっています。
また、通常の費用から割引されるだけではなく、キャッシュバックを選択することができる場合もあります。
キャッシュバックの金額については、約5,000円が多いようです。

自動車学校によっては、複数の割引制度を併用することもできるので、安くする方法を探している人は割引制度を知っておきましょう。

POINT

割引制度を利用することで5,000円~15,000円安くできるので活用しましょう。

1人で利用するよりも複数名で利用すると安くなる

複数人数

合宿免許は、1人で利用する方が費用を安くすることができると考えてしまっている人もいるかもしれませんが、割引のグループ割があるように、多くの自動車学校では、1人での利用よりも複数名での利用の方が費用を安くすることができるのです。

合宿免許費用を安くしたいのであれば、友達や学校の先輩後輩、あるいはサークルの仲間などを誘って行ってみるとよいでしょう

知っている人が一緒にいたほうが、やりやすくなりますし、費用も安く済ませることができるのです。
合宿免許を考えているのなら、複数名での利用がおすすめ。

自動車学校によっても異なりますが、一緒に利用する人数が増えれば増えるほど、割引額も大きくなるということがあります。
多くの人を誘うことでさらに安く利用できる場合があるのです。

POINT

一人よりも二人、二人よりも三人と人数が多くなると割引率も変わってくるので大人数で申し込みした場合の割引率を自動車学校に確認してみると良いでしょう。

合宿免許の自炊プランなら通常よりも安い!

自炊

繁忙期を避ける ⇒ 割引制度を活用する ⇒ 次に自炊プランなら合宿免許の費用が安い!

とにかく安く免許を取りたいという方におすすめなのが、「合宿免許の自炊プラン」です。
合宿免許の費用は、自動車学校の教習費用だけでなく、食事代や宿泊代などが含まれているものがほとんど。
食事を自動車学校側が用意してくれるのは、とてもありがたいものですが、その分費用がかかってしまいます。

合宿免許には、食事付きのプランだけではなく、自炊プランがあるのです。
この自炊プランとは、その名前の通りで、自動車学校側が食事を用意してくれるのではなく、自分で食事を用意することになります。

初めての合宿免許だけではなく自動車学校で自炊して一人暮らしと同じようことを体験できます!

そして食事が付かない、自炊プランは、食事代が含まれないので、その分費用が安く済みます。
自動車学校によっても異なりますが、食事付きのプランと比較すると、約1~3万円安くなるので、とにかく、安く免許を取りたい人には最適と言えるでしょう。

また、3食とも自炊というプランだけでなく、昼食だけ食事を提供してくれるというプランもあります。
合宿免許の場合には、1日の大半が教習になるわけですから、自炊をする時間がどうしても限られてしまいます。
とくに、昼食については、朝から教習を受けていると作る時間が取りづらくなってしまうため、昼食のみを提供しているところもあるのです。

自炊プランは、通常よりも安いので、とても人気のプランとなっています
利用したい場合には、早めに申し込みをするようにしましょう。

POINT

自炊プランを選ぶことで自動車学校の負担が軽減することで費用が1~3万円安くなります。

自炊プランについて

食材

自炊プランにも様々なものがあります。
1名での自炊プランはもちろんですが、2名、3名、4名が1つの部屋で過ごし自炊をするプランなども用意されています。

自炊と聞くと、調理器具や食器などを持ち込まなければならないのか?と考えてしまう人も多いでしょうが、すでに必要な調理器具や食器などが揃っているというケースもあります。
他にも、電子レンジや冷蔵庫、トースターなど生活に必要なものが完備されているケースもあるようです
1人での自炊が不安という人も他の人と一緒なら自炊するのも楽しくなるかもしれません。
自炊の当番を決めて、生活するのもよいでしょう。

POINT

自炊プランや必要な調理器具、食器などが揃っているかどうかは、それぞれの自動車学校によって異なりますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

周辺環境をしっかりと事前に調査せよ!

周辺の環境を調べる

合宿免許の自炊プランは、通常よりも安いという魅力がありますが、注意しておきたい点もあります。
それは、周辺環境についてです。
食事が付いていない、自炊プランでは自分で食事の準備をすることになります。

そのため、自動車学校の近くにどのようなお店があるのかを事前に調査しておく必要があるのです。
近くにスーパーはあるのか?

自炊プランの食材は揃えやすいのか?

などの情報はチェックしておくと良いでしょう。
もしも、周囲にコンビニしかないなどの場合には、大きな問題となります。

スーパーと比べてコンビニは値段が高く、必要なものが揃わないケースが少なくありません
せっかく自炊プランで、安くしても自炊をするのにコストがかかりすぎると、自炊プランを選択している意味がなくなってしまいます。

コンビニは便利ですが、コンビニよりもスーパーや自炊をするのに必要な食材などが手に入りやすいかどうかを確認しておくのがおすすめです

自動車学校のなかには、近くに大型ショッピングセンターがあるというところもあります。

POINT

周囲の環境はどうかを確認してから自動車学校を選びましょう。

指定がないなら合宿免許はAT限定で取ると安い!

AT(オートマ)

繁忙期を避ける ⇒ 割引制度を活用する ⇒ 自炊プラン ⇒ AT(オートマ)限定にすると安い!

現在の職場で、MT(ミッション)車で取るように言われている場合や、就職先でMT車の免許が必要という場合でなければ、AT限定で取る方が安く済ませられます。

MT車とAT限定では、約1.5~2万円の費用の差があります
AT限定の方が費用は安く、MT車よりも教習時間も短くて済むのです。

最近の車は、MT車よりも圧倒的にAT車の方が多いので、特別な状況でない限り、AT限定免許でも困ることは少ないと言えるでしょう。
合宿免許でとにかく安く、免許を取りたいという場合には、AT限定で取るのがおすすめです。

POINT

AT限定では、約1.5~2万円の費用の差があります。AT限定で免許取得すると良いでしょう。いま費用がないならMT車の免許が必要になったときに再度MT車の免許を取れば良いです。

合宿免許の最短期間はどのくらい?

合宿免許の最短期間

普通自動車免許には、MTとAT限定があり、AT限定の方が安く取れますが、費用の違いだけでなく教習時間の違いもあります。
合宿免許の最短期間は教習所によって異なりますが、MTは、16日間、AT限定は14日間というのが一般的です
この最短とは、卒業検定日も含めての日数になりますので、必ずその日数で卒業できるとは限りません。

AT限定の場合の教習時間についてですが、第一段階では、技能教習12時限、学科教習10時限となっています。
第二段階では、技能教習19時限、学科教習16時限となっているのです。

POINT

MTは16日間、AT限定は14日間で免許取得できます。

期間を短くすることはできない?

期間

AT限定の教習時間について解説しましたが、もっと短い期間で終えることができるのではないか?と疑問に感じる人もいるでしょう。

結論から言えば、それ以上期間を短縮することは不可能ということです

自動車学校での教習は2つあります。

技能教習と学科教習です。

学科教習には、時限数の制限がないので、原則は1日に何時限受講しても問題はありません。

しかし、技能教習については、法令によって1日の受講数が決まっているのです。

第一段階では、1日に2時限まで、第二段階では、3時限までとなっています。

ただし、第二段階の3時限については、連続ではできないという決まりになっているので、注意が必要です。

ATの場合には、この時限数から換算すると、最短でも第一段階であれば6日、第二段階であれば7日かかり、さらに卒業検定日もいれると、最短で14日必要となるのです

これは合宿免許の場合の話で、自動車学校に通学するタイプの場合はもっと日数がかかることになるでしょう。

時限数に変わりはありませんが、技能教習は予約制となっているため、土日祝日などはとくに混雑していて、予約が取れないことも多く、最短で卒業するのは難しいでしょう。

通学するタイプの場合には、2~3カ月程度かかるのが一般的です。

指定がないのなら、合宿免許で、AT限定を選ぶのがおすすめ

関連リンク:合宿免許自動車学校は最短で免許取得ができる教習所

大学生が自動車学校で免許を取るなら生協がおすすめ!

大学

繁忙期を避ける ⇒ 割引制度を活用する ⇒ 自炊プラン ⇒ AT限定 ⇒ 大学生なら生協が直接自動車学校に申し込みをするより安い!

大学生になったら自動車学校へ通学して、免許を取ろうと考えている人は多いと思います。
自動車学校へ入校するには、申し込み手続きが必要です。
申し込み手続きは、自分で直接自動車学校へ行って申し込みを行うものと考えている人が多いでしょうが、直接申し込みをするよりも、大学生協を利用する方が、料金は安くなります。

安くなる費用は、生協や自動車学校によって異なりますが、約5,000円~1万円程度という場合が多いです
場合によっては、2万~5万円程度安くなるということもあります。
大学生が自動車学校へ通って、免許を取るのであれば、大学生協を利用するのがおすすめ。

大学生協はプランが選べる!

大学生協を通じて通学プランの申し込みを行うと、通常よりも安くなるのでおすすめと解説しましたが、通学プラン以外にもプランがあります。
短期集中、合宿プランも選択することができ、こちらのプランについても通常よりも安く利用することができるので、大学生にはとてもおすすめです。

大学生の場合には、安く免許が取れるのも大切ですが、学年、学部などによって授業のスケジュールなども大きく異なります。
自分の授業のスケジュールにあわせて、最適なプランを選択するようにするとよいでしょう。

また、大学生協は安いだけではなく、それ以外のサービスもあります。
サービス内容は、それぞれ異なりますが、よくあるのが、追加技能教習○時間まで無料というものです。
場合によっては、追加技能教習が必要になる場合がありますが、その場合でも一定の時間内までは無料で教習を受けられるというもの。
通常は、追加技能教習には、追加費用がかかりますので、そういった意味でも生協は非常に大きなメリットがあります

POINT

大学生協なら自動車学校によって異なりますが、約5,000円~1万円程度安くなります。場合によっては、2万~5万円程度安くなるということもあります。大学生協ならサービス内容は、それぞれ異なりますが、よくあるのが、追加技能教習○時間まで無料といったサービスもあります。

大学生協で申し込みを行う方法について

申し込み方法

大学生協で自動車学校への入校の申し込みを行う方法は、大学生協店舗のサービスカウンターで申し込みをすることができます。
申し込みだけでなく、自動車学校についてわからない点、不安に感じている点などについて相談することも可能です。

また、一部の組合員については、WEBからも申し込みをすることができます。

申し込み方法は、『大学生協事業連合 大学生協の合宿免許』にアクセスして各都道府県の申し込みページからお問い合わせします。

各都道府県の申し込みページは以下のようになっていますので、お住いのエリアで探してみてください。

大学生協の合宿免許申し込みページ

すべての組合員が対象となっているわけではないので、予め自分が対象になるか確認しておきましょう。
大学生協の自動車学校のパンフレットについては、ネットでも見られることが多いので、申し込みをする前に目を通しておくことをおすすめします。

合宿免許を安くしたいなら相部屋を選ぶべし!

相部屋

繁忙期を避ける ⇒ 割引制度を活用する ⇒ 自炊プラン ⇒ AT限定 ⇒ 大学生は生協から直接申し込み ⇒ 相部屋を選ぶべし!

合宿免許の相部屋なら免許取得料金を抑えられます。

相部屋だとなぜ安いのか?

相部屋は二段ベットで2人部屋や4人部屋になるので自動車学校側の宿泊施設の負担を軽減して費用を抑えることができます。

自動車学校からすると1つの部屋に教習生を2~4人宿泊することができるので、それだけ部屋数を節約できます。

シングル、ツイン、ホテルはどの程度の割り増し価格になるのか?

合宿免許自動車学校によって違いはありますが、シングルは1人部屋で3万円前後、ツインは2万円前後、ツインの場合は2人で一緒に同じ合宿免許を申込して宿泊する際にご利用できます

ホテルは5万円前後の割り増し価格になると考えておくと良いでしょう

正確な価格については実際に合宿免許を予約する自動車学校の料金表で確認しておきましょう。

上記のことから相部屋は一番安く合宿免許の費用を抑えらるということです。

POINT

相部屋は二段ベットで2人部屋や4人部屋になるので自動車学校の宿泊施設の負担を軽減して安くなる。

関連リンク:合宿免許の相部屋の雰囲気!静岡県掛川市の掛川自動車学校に実際に行ってみた

自動車学校を約10万円安くする方法!最短で一番安い入学方法のまとめ

まとめ

  • 繁忙期を避ける
  • 割引制度を活用
  • 自炊プラン
  • AT限定
  • 大学生なら生協で直接自動車学校に申し込み
  • 相部屋にする

一番大きく価格を安くできる方法は繁忙期を避けることですね。

繁忙期を避けるだけで約1.5倍の価格差が発生することがあるため一番安く合宿免許 or 自動車学校に入学するなら注意しておくと良さそうですね。

僕が18歳のときに安くて近くの合宿免許自動車学校を探した方法はコンビニのパンフレットを見て決めました。

今でもコンビニに合宿免許のパンフレットが置いてあるのかはわかりませんが、コンビニにパンフレットを探しに行ってくるのも一つの方法です。

パンフレットを見て安い自動車学校を探しても繁忙期に免許を取りたい学生の方が多くいることは事実なので、どうしても繁忙期にしか免許取得のタイミングがないのであれば入学する絶好のタイミングになります。

少し割高になってもお金は後から働けば良いです!

初めて自動車免許を取りに行く10代・20代前半の方にこの記事が参考になれば幸いです。

繁忙期を避ける ⇒ 割引制度を活用 ⇒ 自炊プランにする ⇒ AT限定で申し込む ⇒ 生協から申し込みする ⇒ 相部屋にする

合宿免許はどうして一番安いのか?

はてなマーク(クエスチョンマーク)

免許を安く取りたいという場合に、多くの人が選ぶ方法が、「合宿免許」を利用するという方法です。
合宿免許の魅力は、その安さですが、なぜ一番安いのかについて解説します。

安い理由は主に3つあります。

  1. 地方にあるため
  2. 無駄を省くことができるため
  3. 回転率が高いため

まず、合宿免許の安さの最大の理由は、地方にあるためです。
都会とは異なり、物価が安く、大幅にコストを抑えることができるので、安く提供することが可能となっています。

それから、無駄を省くことができるためというのも大きな理由と言えるでしょう。
通常の自動車学校の場合には、予約が偏ってしまい、混雑している状況と空いているときの差が激しく、人件費などの無駄が多く発生してしまいます。
しかし、合宿免許の場合には、人件費などの無駄をなくし、効率よくスケジュールを組むことができるので、無駄を抑えることができる分、安く提供できるという仕組みになっています。

土地代なども地方の方が圧倒的に安いので、都会よりも安くすることができるということです。

それから、回転率が高いため、安くすることができるという理由もあります。

自動車学校へ通学するプランの場合には、卒業するまでに、平均2~3カ月間かかりますが、合宿免許の場合には、最短で約2週間で卒業してくれますし、卒業した後はすぐに次の教習生を迎えることができて、回転率が高いので、多少安くしても十分採算が取れるということになります。

合宿免許では、教習生の奪い合いになっている!

日本では少子高齢化が進んでいます。
つまり、これからの日本では自動車学校へ通う人の数が徐々に少なくなっていくことが予想されているのです。
自動車学校としては、教習生を獲得することができなければ、事業として成り立たなくなってしまいます。
そのため、価格競争はもちろんですが、独自のプランなどを打ち出し、なんとかして教習生を獲得しようとしているのです。
また、一般の通学タイプでは、近隣からしか集めることができませんが、合宿免許であれば、全国から教習生を集めることができるので、少しでも安く、少しでも魅力的なプランを提供しようと考えている自動車学校が増えています。

自動車学校同士でも競争が起こっているので、価格が一番安い合宿免許がたくさんあるのです。
少しでも安く免許を取りたいと考えているのなら、合宿免許がおすすめ。

合宿免許は安さだけでなく評判をチェックしよう!

評判

合宿免許は、安いのが一番ですが、安さだけでなく評判についてもしっかりとチェックしておきたいものです。

とくに、評判のなかでもチェックしておきたいのが、宿泊する施設や周辺の環境などによるもの。
合宿免許では、少なくとも約2週間過ごすことになりますので、宿泊する施設や周辺の環境に関する評判は大切です。

自動車学校によっては、周囲に観光スポットがあったりします
観光スポットがあると、教習の空き時間に出掛けることができますし、気分をリフレッシュさせることもできます。
また、自動車学校でできた友達同士で出掛けることで、新しい思い出を作ることもできるかもしれません。
それから、周囲の状況だけでなく自動車学校内の施設にも注目をしておきましょう。

合宿免許の自動車学校はどこでも同じ!そう思っている人が多いでしょうが、実は大きな差があります。
ビリーヤード台が設置されているところ、フィットネスクラブが設置されているところ、ゲームコーナー、漫画や雑誌が大量に揃えられているなど、それぞれ大きく環境は異なるのです

安いのはとても良いことですが、空き時間にすることがないとなると、毎日の教習でストレスがたまります。
ストレスをためないようにするためにも、評判はチェックしておきましょう。

あまり気にしない方がよい評判について

評価

合宿免許へ行く前には、それぞれの自動車学校の評判をチェックする人が多いでしょう。
評判は、良い評判と悪い評判の両方をチェックするのが一般的ですが、あまり気にしない方がよい評判もあります。

それは、「指導員に関する評判」です。
免許を取る際には、怖い指導員がいたらどうしようと不安を感じる人が多いと思います。
実際に、悪い評判などを見てみると、怖い指導員にあたり、ストレスを感じたなどと言うものが多いです。
しかし、気の合わない指導員については、はっきりいってどこの自動車学校でもいますし、指導についても人それぞれ良い、悪いという感じ方があるので、指導員に関する評判はあまり鵜呑みにしない方がよいでしょう

指導員に関する評判をチェックするのではなく、自動車学校全体の評価や、周囲の環境、宿泊施設、食事などに関する評判の方を重要視するのがおすすめです

合宿免許は安さだけで選ぶのもよいですが、どうせ免許を取るのであれば、気分よく快適に過ごせる自動車学校を選びましょう。

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。