合宿免許にスーツケースが便利!スーツケースの大きさからメリットまで解説!

       
  • 公開日:2022/5/2
  • 最終更新日:2022/5/2
合宿免許にスーツケースが便利!スーツケースの大きさからメリットまで解説!

合宿免許に参加する際には、スーツケースが非常に便利です。
もちろん、合宿免許ではスーツケースで参加しなければならない決まりはないので、ボストンバッグ、リュックサックなどで参加する人もいます。

スーツケースのメリット

  • キャスターが付いているので、移動するのが簡単で、楽
  • 女性でも運びやすい
  • 頑丈に作られているので、衝撃などにも強い
  • 容量が大きいので、ボストンバックやリュックサックなどよりも多くのものを持ち運べる

合宿免許では、スーツケースで参加する人が多いと言われています。
その大きな理由は、キャスターが付いているため移動が簡単であることです。
ボストンバックやリュックサックは自分で背負う、肩に担ぐ必要があり、意外と体力を使います。
ですが、スーツケースであれば、ゴロゴロと転がすだけで移動も楽です。
女性でも簡単に持ち運べるのが良い点と言えるでしょう。

また、スーツケースは一般的に頑丈に作られているため耐久性に優れています。
ぶつける、倒す、落とすなどしてしまった場合でも中に入っているものをしっかりと守ることができる点が魅力です。

そして、最大のメリットは容量が大きいということ。
もちろん、スーツケースによって容量は違いますが、ボストンバックやリュックサックよりも多くのものを入れることができます。
合宿免許の場合、観光旅行と違い、最低でも2週間生活するためのものを持って行くことになるでしょう。
洗濯ができるので、2週間分の服はいりませんが、それでも様々なものを持って行くことになります。
多く入れられるのは大きなメリットです。

関連リンク:合宿免許に参加する際の女性の持ち物について

合宿免許に必要なスーツケースの大きさは?

合宿免許には、スーツケースが便利と解説しましたが、スーツケースにも様々な大きさのものがあります。
合宿免許に必要なスーツケースの大きさが気になるでしょう。
一般的には、1泊=10リットルを目安としてスーツケースの大きさを考えるそうです。
合宿免許で言えば、その目安から考えると、14日間×10リットルで、140リットル以上のスーツケースが必要と考えてしまうでしょう。
しかし、合宿免許の宿泊先では、洗濯機や乾燥機を使用できるケースがほとんどです。
そのため、衣類だけで考えると4~5日分程度あれば問題ないとされています。

ですから、140リットル以上ではなく、40~50リットル以上のスーツケースで問題ないと言えるでしょう。
合宿免許に持って行くスーツケースを選ぶ際には、この容量を目安に考えてみると選びやすいですよ。

合宿免許で持って行くスーツケースの価格はどのくらい?

スーツケース

合宿免許に持って行くスーツケースの価格は、1~2万円程度のものを持って行く人が多いです。
スーツケースは、安く購入するのであればインターネットでも安く販売しています。
Amazonや楽天などでも簡単に見つけることができるでしょう。
スーツケースを選ぶ際には、容量や価格も重要ですが、次のような点もチェック

  • 耐久性
  • 重さ

などです。
スーツケースは、どれも頑丈に作られていますが、耐久性にはやはり違いがあります。
価格だけを重視してしまうと、耐久性が不十分ということもあるでしょう。
また、スーツケースの重さにも注意が必要です。
同じスーツケースでも軽量タイプのものなどがあります。
少しでも持ち運びを楽にするためには、軽量タイプを選ぶのもオススメです。

関連リンク:合宿免許で交通費は支給される?

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

コウ運営者

投稿者プロフィール

18歳の誕生日を迎えて、合宿免許自動車学校に入校しました。
12月生まれのため年末年始を挟むと合宿免許の宿泊施設費用が追加で発生する状況で一発で合格して卒業しなければいけませんでした。
無事に年内で卒業できました。
卒業後は年明け後に本試験を受け合格して1月12日に免許を交付しました。
合宿免許自動車学校で免許取得した経験と一発合格した経験を記事にしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。