合宿免許で女性におすすめの自動車学校とは?

       
  • 公開日:2022/5/2
  • 最終更新日:2022/5/9
合宿免許で女性におすすめの自動車学校とは?

合宿免許で女性のおすすめの自動車学校は次のようなところです。

  • セキュリティが充実している
  • フルーツ・ケーキなどが食べ放題
  • フィットネスジムやカラオケルームなどが完備されている
  • 温泉や岩盤浴、エステを利用できる
  • 自炊プランがある
  • ウォシュレットトイレやマイナスイオンドライヤーなど部屋の設備が充実

女性の場合、1人で参加するのが不安でしょうし、ご両親も不安に感じると思います。

そんな心配をやわらげるために自動車学校では女性専用宿舎を設置している場合もあるのです。

また女性スタッフや警備員を配置、24時間体制でセキュリティが充実しているところもあります。
女性専用宿舎では、男性が入れないようになっているので、一般的な合宿免許の宿泊施設よりも安全性は高いと言えるでしょう。
その他にもオートロックや防犯カメラで監視するなども行われています。

女性向けサービスが充実している自動車学校がおすすめ

さらに女性に嬉しいサービスが、温泉・岩盤浴・エステ・食べ放題・フィットネスジム・カラオケ・テニスなどを利用できるというもの。

中でも女性に人気なのが食べ放題プランです。
このプランは、行っている自動車学校が限られますが、フルーツ・スイーツ・ケーキなどが食べ放題となっています。

学科教習・技能教習では頭も体も心も疲れますが、甘いものを補給することでリフレッシュできると人気があるのです。

他では、フィットネスジムやカラオケルーム、テニスコートなどが併設されている施設もあります。
このような施設ではストレスを発散できますし、他の教習生と一緒に行うことで友達ができる、仲良くなることもあるようです。
1人で参加する場合だけでなく、友達同士やサークルのメンバーと参加するなどの場合には、こういったレクリエーション施設の充実度で選ぶとよいでしょう。
もちろん、すべての自動車学校で行われているわけではありませんが、こちらのサービスも人気です。
近くに施設がある場合には、無料券やサービス券などがもらえる場合もあります。
教習以外の楽しみがあれば、教習も頑張れるので、こちらも要チェックです。
できるだけ安く免許を取りたいのなら、自炊プランを選ぶとよいでしょう。
女性向けのプランでは、自炊プランも人気です。
部屋も衛生面や設備面に力を入れている場合が多くなっています。
人気のウォシュレットトイレやマイナスイオンドライヤーの設置などが多いです。
女性が合宿免許に参加する際には、「セキュリティ」「コスト」「施設充実度」「特典(温泉やエステの招待券など)有無」などをチェックしてみましょう。

こちらの記事もおすすめ:合宿免許には女性専用宿舎もある!

アメニティグッズを確認しておく

意外と見落としてしまいがちなのが、「アメニティグッズの充実度」です。
女性が1人で参加する場合にはとくにチェックしておきたいもの。
例えば、次のようなものです。

  • シャンプー・リンス
  • ハンドソープ
  • 洗濯用洗剤
  • 台所用洗剤
  • ティッシュ

合宿免許では、自動車免許の取得が目的ですが、普通車の場合、約2週間生活することになります。

そのため、必須とまでは言えないがないと困るものも多いです。
コロナ禍では除菌グッズやハンドソープ等は欠かせないものとなっています。
洗濯用洗剤・台所用洗剤などがあるのかもチェックが必要です。
洗濯機や食器などは準備されていても、洗剤がなければ綺麗にはできません。
必要であれば、事前に購入して持ち込むようにしましょう。
自動車学校や宿泊施設のホームページ等に情報が掲載されている場合も多いので、チェックしておくことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ:合宿免許には女性専用宿舎もある!

周辺施設や自転車の貸し出しの有無をチェックしよう

周辺環境を調べる

短期間で安く免許を取得できると人気の合宿免許ですが、合宿免許に参加する前にチェックしておきたいことがあります。
それは、「周辺施設」と「自転車の貸し出しの有無」です。
合宿免許が行われる自動車学校は、山間部などに設けられていることがあります。
近くに、海や山などがある自然豊かな場所などです。
教習中は、基本的に自動車学校や宿舎で生活をすることになりますが、気分転換や買い物などで外出することもあるでしょう。
ですから、事前にどのような施設があるのかを確認しておくことが重要です。
コンビニやスーパーなどがどこにあるのかを調べておきましょう。
それから、移動手段についても注意が必要です。
免許を取得していない段階では、移動手段として使えるのは徒歩か自転車となります。
自転車をわざわざ持ち込むのは現実的ではありません。
徒歩圏内に施設が充実していればよいのですが、必ずしもそうとは限りません。
だからといって、バスやタクシーなどを使うと無駄な交通費がかかります。
そこで注目したいのが、「自転車の貸し出しの有無」です。
自動車学校によっては、無料で借りられるところもあれば、有料となっているところもあります。
参加する前に確認しておくとよいでしょう。
徒歩5~10分ほどであれば問題ないでしょうが、それ以上の距離となると徒歩での移動はきつくなります。
自転車が借りられれば、行動範囲も広がりますのでチェックしておきましょう。

関連リンク:自動車学校には託児所を設置している学校もある

こちらの記事もおすすめ:自動車学校の選び方とは?合宿制の自動車学校を選ぶポイントとは?

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

コウ運営者

投稿者プロフィール

18歳の誕生日を迎えて、合宿免許自動車学校に入校しました。
12月生まれのため年末年始を挟むと合宿免許の宿泊施設費用が追加で発生する状況で一発で合格して卒業しなければいけませんでした。
無事に年内で卒業できました。
卒業後は年明け後に本試験を受け合格して1月12日に免許を交付しました。
合宿免許自動車学校で免許取得した経験と一発合格した経験を記事にしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。