合宿免許で一時帰宅することは可能なのか?帰宅が認められるケースとは!?

       
  • 公開日:2022/5/2
  • 最終更新日:2022/5/2
合宿免許で一時帰宅することは可能なのか?帰宅が認められるケースとは!?

一時帰宅とは、文字通り、一時的に、合宿免許を行っている自動車学校から離れて自宅に戻ることです。
合宿免許は原則決められたスケジュールで教習を受けるため、自宅に帰ることができません。
ただし、大学生などが合宿免許で免許を取得する場合、大学の試験、卒業式、内定式等でどうしても一時的に帰宅しなければならない状況もあります。
このように、どうしても一時的に帰宅しなければならないときに、利用するのが一時帰宅なのです。
一時帰宅の日数については、1~2日程度と考えておきましょう。

関連リンク:合宿免許をキャンセルするとキャンセル料は発生するのか?

合宿免許の一時帰宅はできる場合と、できない場合がある!

合宿免許の一時帰宅は、自動車学校によって対応が異なります。
合宿免許は、短期間での免許取得を目指すもので、入校する前に、スケジュールを決めて、そのスケジュール通りに原則、教習が進みますので、一時帰宅を原則認めていないところもあります。
一時帰宅を認めているか、認めていないかは、それぞれの自動車学校へ事前に必ず確認しましょう。

合宿免許の一時帰宅のポイント

・一時帰宅を認めているところと認めていないところがある
・認めているところでも、忙しい時期などは断られる場合がある
・一時帰宅によって、卒業日が延びる場合や延長料金が発生することがある
・事前に申請をしておかないと認められない。入校後に申請した場合には、認められないことがある。
・自宅までの交通費は、自己負担となる

合宿免許の一時帰宅は、どのような場合に認められるのか?

合宿免許で、一時帰宅が認められるのはどのような場合なのかについて解説します。
合宿免許では、無条件で一時帰宅を認めているわけではありません。
特別な事情等がある場合のみ認めているという自動車学校がほとんどです。

合宿免許で一時帰宅が認められるケース

・年末年始などを自宅で過ごす場合
・大学の試験日、学校行事などの場合
・冠婚葬祭に参加する場合
・病気やケガで医療機関等で、検査や検診を受ける場合
・合宿免許中に、怪我や病気などになった場合
・家族や親族に不幸があった場合
・仮免許の学科試験において、3回不合格となった場合
・その他、一時帰宅した方がよいと認められた場合

合宿免許で一時帰宅が認められるケースとして紹介した、「仮免許の学科試験において、3回不合格となった場合」についてですが、これは自分の意思とは関係なく、どこの自動車学校でも同じように扱われます。

仮免許の学科試験で3回不合格になった場合には、まず交通費全額自己負担で、地元免許センターで仮免許を取得します。
その後で、再入校という形になるのです。
合宿免許では、仮免許の学科試験に3回不合格になってしまうと、必然的に卒業が延びてしまうことになりますので、教習時間の合間などを上手く活用してしっかりと勉強して、1回で合格できるようにしましょう。

関連リンク:自動車学校に通える期間は最長どのくらい?

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

コウ運営者

投稿者プロフィール

18歳の誕生日を迎えて、合宿免許自動車学校に入校しました。
12月生まれのため年末年始を挟むと合宿免許の宿泊施設費用が追加で発生する状況で一発で合格して卒業しなければいけませんでした。
無事に年内で卒業できました。
卒業後は年明け後に本試験を受け合格して1月12日に免許を交付しました。
合宿免許自動車学校で免許取得した経験と一発合格した経験を記事にしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。