大仙市の近くの合宿免許・自動車学校!一番安い入学方法を解説!

運転免許証と車の鍵

大仙市の自動車学校を探すなら合宿免許・自動車学校ナビがご案内いたします。
紹介している自動車学校は通学もできます
※(合宿免許あり)と表示されている自動車学校は合宿免許を行っています。(合宿免許あり※女性専用)と表示されている場合は男性は申込受付を行っていない合宿免許となります。
大仙市から通える自動車学校または合宿自動車学校で約10万円の免許取得費用を安くして節約できる方法をわかりやすく解説したので予約・申し込みの前に確認しておきましょう。⇒ 自動車学校を約10万円安くする方法!一番安い入学方法を解説!

大仙市の合宿免許・自動車学校一覧

角館自動車学校(合宿免許あり)

角館自動車学校

自動車学校名 角館自動車学校
所在地 秋田県大仙市下鴬野羽場87
電話番号 0187-54-1131
最寄り駅 鶯野駅(駅から0.8km)角館駅(駅から2.2km)
WEBサイト http://kakunodate-ds.jp/
おすすめポイント 秋田県大仙市の角館自動車学校は、最新設備とすぐれた教習教材で安全・確実な教習をめざしてくれます。配車は予約制で都合に合わせてくれます。コンピューター学習機を導入しているので学科試験対策も万全で合格率も良いです!コースは環境に恵まれていて快適です。地球に優しいEV車の教習も行ってくれます!武家屋敷の残る歴史ある小京都角館で四季折々の魅力を楽しみながら合宿免許に参加するのもいいですね!

大曲中央自動車学校

大曲中央自動車学校

自動車学校名 大曲中央自動車学校
所在地 秋田県大仙市花館萩台378
電話番号 0187-62-1785
最寄り駅 大曲駅(秋田)(駅から1.4km)北大曲駅(駅から2.3km)
WEBサイト https://www.ohmagari-c-ds.com/
おすすめポイント 秋田県大仙市の大曲中央自動車学校は、秋田県公安委員会師弟の自動車学校です。駒ケ岳と鳥海山が一望できて自然に囲まれた中での教習は心が和らぎます!土日・祭日も営業しているので仕事が忙しくても無理なく通えます!送迎バスが運行しているので便利です。また無料でレンタル自転車の貸し出しもしてくれるので空き時間に移動できます。教習の合間には天然水・ホットコーヒー・昆布茶・梅茶が飲み放題です!

仙北自動車学校

仙北自動車学校

自動車学校名 仙北自動車学校
所在地 秋田県大仙市戸地谷大和田89
電話番号 0187-62-2443
最寄り駅 大曲駅(秋田)(駅から0.7km)北大曲駅(駅から2.8km)
WEBサイト http://www.senboku-ds.jp/
おすすめポイント 秋田県大仙市の仙北自動車学校は、宮城県公安委員会指定校です。最新の教材や模擬テスト、厳選された問題集を使用しているから学科試験対策も万全です。土曜日に検定を行うので会社を休むこともありません。なるべく早く免許が欲しいという方には普通車の短期コースがあります!全国に系列ネットワークがあるので転校時のケアもしてくれます!

大曲自動車学校

大曲自動車学校

自動車学校名 大曲自動車学校
所在地 秋田県大仙市大曲丸子町1ー1
電話番号 0187-63-1714
最寄り駅 大曲駅(秋田)(駅から0.6km)北大曲駅(駅から3.3km)
WEBサイト https://www.omagari-ds.com/
おすすめポイント 秋田県大仙市の大曲自動車学校は、親切・丁寧・笑顔で明るく元気なスタッフがサポートしてくれます。新校舎は施設も充実しています。県内初の最新学習機を導入しています!的確な実技指導とわかりやすい学科教習で安全に確実に技術と自信が身につきます。一人ひとりの立場に立った指導で主婦の方や年配の方も安心です!

※この情報は近くの合宿免許・自動車学校ナビが独自に収集した内容で情報の正確性を保障するものではありません。

※当サイトへのご意見ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。

合宿免許とは


合宿免許とは、短期間に集中して学科教習・技能教習を受けることです。
一般的に、宿泊施設等に滞在して学科教習・技能教習を受けます。
大学生や仕事上で免許が必要になった人に人気です。
海の近くや観光名所の近くなどにある教習所でも受けられます。

合宿免許が選ばれる理由

選ばれる理由
合宿免許が選ばれる理由は、次のような理由です。

短期間で集中して学べる
安く教習を受けられる
旅行気分を味わうことができる

などになります。
合宿免許が選ばれる理由は、「短期間で集中して学べるため」です。
自動車学校へ通学すると、卒業するまでに2~3カ月必要となります。
ですが、合宿免許の場合、普通車の免許であれば最短約2週間で卒業が可能です。

そして、もう1つ選ばれる大きな理由が、「安く教習を受けられること」。
時期などによっても多少異なりますが、自動車学校へ通学するよりも安い料金で教習を受けることができるため、大学生などに選ばれています。

他にも旅行気分を味わうことができる点も魅力です。
合宿免許が行われる教習所は、海の近くや観光地の近くなどに作られていることが多く、ちょっとした旅行気分を味わうことができるのです。
自動車免許を取得するための知識、技術を学べるだけでなく、旅行に行った気分になれるので、若い世代に選ばれています。

合宿免許は、短期間で、安く効率的に楽しみながら免許を取得したい人にオススメです。

合宿免許の欠点とは?

合宿免許の欠点
合宿免許には、多くの魅力がありますが、欠点もあります。
その欠点とは、次のような点です。

短期間で教習を受けるためまとまった日数が必要となること
基本的にスケジュールが組まれているので、自由に教習を受けることができない

合宿免許は、誰にでもオススメできるものではありません。
合宿免許は、短期集中で教習を受けることになります。
普通車の場合でも最低2週間程度の日程が必要です。
もちろん、検定試験に不合格だった場合には、さらに日数が追加となります。
まとまった日数を確保できないと参加するのが難しいでしょう。

それから、合宿免許では無駄のないスケジュールがあらかじめ組まれています。
自動車学校へ通学する場合と異なり自分のペースで学ぶのは難しいです。
教習所の方でも、効率よく教習生を卒業させて、また新しい教習生を受け入れるようにしています。
そのため、マイペースで学びたいと考えている人には、適さない可能性があるでしょう。
合宿免許で免許取得を狙う場合には、良い面と悪い面の両方を見た上で判断することが大切です。

自動車学校入校に必要な持ち物7選

自動車学校入校に必要な持ち物は主に以下の7点です。
住民票身分証明書運転免許証眼鏡またはコンタクトレンズ筆記用具印鑑学生の方は学生証

  1. 住民票(運転免許のない方・ICチップ付運転免許の方)~本籍地が記載された発行日が3ヶ月以内のもの、外国籍の方は国籍記載の在留カードまたは外国人登録証が必要
  2. 身分証明書(保険証・パスポート・住民基本台帳カードのうち、どれか1つ)
  3. 運転免許証(原付や単車などの免許所があれば)
  4. 眼鏡またはコンタクト(視力の条件に満たない方 ※両眼で0.7以上、かつ片眼でそれぞれ0.3以上の視力がない場合)
  5. 筆記用具、書類記入に必要なため
  6. 印鑑 朱肉が必要な物
  7. 学生証、学生の方は必要です

※自動車学校によって必要な物が若干異なる場合がありますので入校予定の自動車学校に必ず間違っていないか最終確認してください。

こちらのページ情報は役に立ちましたか?

コウ運営者

投稿者プロフィール

早く免許取得して車を運転したかったので、18歳の誕生日を迎えて、合宿免許自動車学校に入校しました。
12月生まれのため年末年始を挟むと合宿免許の宿泊施設費用が追加で発生する状況で一発で合格して卒業しなければいけませんでした。
無事に年内で卒業できました。
卒業後は年明け後に本試験を受け合格して1月12日に免許を交付しました。
合宿免許自動車学校で免許取得した経験と一発合格した経験を記事にしていきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。