合宿免許自動車学校ナビ

合宿免許で遅刻は認められるのか?

合宿免許では、遅刻は一切認められていません。
遅刻した場合には、教習を受けることができないというのが、一般的な自動車学校のルール。
このルールは、学科教習、技能教習の両方です。
遅刻をしてはいけない理由は以下のようなものとなります。

  • 効率よく最短で卒業できるようにスケジュールが組まれているため
  • 遅刻をして、教習を受けることができなかった場合、追加費用が発生することがある
  • 延泊になり、追加で宿泊費用が必要になる
  • 他の教習生に迷惑をかけることになる

などが遅刻をしてはいけない理由です。

合宿免許は、通学タイプの自動車学校と異なり、効率よく教習を受けることができ、最短の日数で卒業ができるようにスケジュールが組まれています。
遅刻してしまうと、そのスケジュールが崩れてしまい、最短で卒業することができなくなる可能性が高まるのです。

また、遅刻によって教習が受けられなかった場合、追加の教習費用や追加の宿泊費用が必要になってしまうこともあります。
さらに、学科教習、技能教習のなかには、他の教習生と一緒に教習を受けるものもありますが、あなたが遅刻をしてしまうと、他の教習生に大きな迷惑がかかることになるのです。
このような理由から、合宿免許では絶対に遅刻をしないようにしましょう。

万が一、遅刻をしてしまったら、すぐに自動車学校に連絡し、謝罪をするのが最適です。

合宿免許で遅刻をしないためには?

合宿免許では、遅刻は非常に致命的なミスとなります。
遅刻をしないための対策としてオススメなのは次のようなものです。

  • 規則正しい生活を心がけ、早めに就寝をする
  • 携帯のアラームをセットしておく
  • 宿泊施設(ホテル)のモーニングコールを利用する
  • シングルではなく、ツインにしてお互いに寝坊するのを防ぐ

などの対策がよいでしょう。
合宿免許で遅刻を防ぐには、規則正しい生活を心がけ、早めに就寝をすることです。
合宿免許の初日などは、旅行気分にもなりますし、同じ世代の人と出会うことが多いので、テンションが上がってしまい夜更かししてしまいがちになります。
夜更かししてしまうと、朝起きるのが難しくなってしまうので、早めに就寝することが大切です。

最も、簡単な方法としては、携帯やスマホのアラームをセットしておく、あるいは目覚まし時計を使用するという方法。
また、宿泊施設としてホテルを利用している場合には、フロントのモーニングコールを利用すると、遅刻を防ぐことができるでしょう。

ただし、ここまで紹介した方法でも1人で起きるのが難しいという場合には、友達同士などで出掛けてツインの部屋に泊まるのも1つの方法です。
2人であれば、もしも1人が寝坊しそうになっても、もう1人が起こしてくれる可能性があります。
その他にも、他の教習生と協力してお互いに助け合いながら、寝坊を防ぐのもよいでしょう。

通学タイプであれば、遅刻しても大丈夫?

運転免許を取る方法は、合宿免許だけでなく、自動車学校に通学するというタイプもあります。
通学タイプであっても、遅刻は認められません。
自動車学校に連絡がなく、無断で教習に来なかった場合には、キャンセル料が発生することもあるのです。

無断キャンセルや遅刻などが続くと、予約ができなくなってしまうなどの恐れもありますので、通学タイプでも遅刻は厳禁と覚えておきましょう。

ページ上部へ戻る