合宿免許自動車学校は最短で免許取得ができる教習所


運転免許を取得するために通う学校には、自動車教習所と合宿免許自動車学校の大きく2つがあります。
運転免許を1日でも早く取得したい、そんな短期間で運転免許の取得を可能にしてくれるのは、後者の合宿免許自動車学校です。

合宿免許自動車学校は名前の通りで、合宿を行いながら運転免許取得のための教習終了を目指します。
合宿と名が付きますので、自宅から自動車学校に通うというのではなく、自動車学校の寮に寝泊まりをして教習を受けるというものになります。
学科や実技の教習が1日のスケジュールにみっちりと入っていますので、アルバイトや学校、仕事をしながらということは出来ません。
運転免許取得のためだけに時間を費やすことになります。
集中をして運転免許取得のため学科や実技の教習が行われますので、学校を卒業するまでに要する期間は2~3週間と非常に短期間になります。
自動車教習所であれば、早くても2ヶ月はかかってしまいますので、短期間で運転免許を取得したいのであれば、合宿免許自動車学校を選んだ方がいいでしょう。

夏休み・冬休みを利用した運転免許取得が可能

運転免許を取得出来る年齢は18歳からです。
18歳を迎えるのは高校3年生ということになりますので、高校生3年生の方の中には誕生日を迎えてすぐに運転免許を取得したいという方もいらっしゃるでしょう。
学校の校則に問題がなければ、学生でも18歳であれば運転免許を取得することが出来ます。
高校生や大学生といった学生が運転免許の取得を目指す場合、学校に通いながら自動車学校に通う時間を作るというのは、とても大変なものになります。
授業はもちろんですが、部活動やサークル活動、アルバイドをしながらであれば、なかなか自動車学校に通う時間を作ることが出来ません。
そんな高校生や大学生に比較的時間のゆとりが出来るのが、夏休みや冬休みといった休み期間ではないでしょうか。

夏休みや冬休みといった休み期間を利用して運転免許の取得を考える学生たちに人気なのが、短期間で運転免許を取得することが出来る合宿免許自動車学校です。
休み期間に自動車教習所に通うという方法もありますが、夏休みや冬休みといった休み期間は、多くの学生が運転免許の取得を目指すタイミングですので、自動車教習所は混み合います。
受けたい授業が予約でいっぱいということもあり、なかなか教習過程が進まないといったこともあるようです。
合宿免許自動車学校の場合は、あらかじめ教習カリキュラムが組まれており、スケジュール通り授業に参加をすれば、決められた期間で学校を卒業することが出来ます。
混み合っていて授業を受けることが出来ないということもありませんので、夏休みや冬休みといった休み期間に合宿免許自動車学校を選択する学生は多いようです。
また、合宿免許自動車学校での合宿中は数日の休暇が設けられていることも多く、遠方の観光地で観光を楽しむといった旅行気分を味わうことも出来ます。
友人同士で合宿免許自動車学校に入校をして、観光を楽しみながら運転免許の取得を目指せる、そんなところが学生には人気となっていたりもします。

ただし、混み合う夏休みや冬休みといった休み期間というのは、合宿免許自動車学校の合宿費用が高めに設定をされています。
また、合宿免許自動車学校での合宿中は自宅に帰ることが許されていませんので、部活やサークル、アルバイトをしている方は休む必要性が出てきます。
合宿免許自動車学校は、集中をして学科、実技の教習を受けることが出来るので、運転免許の取得を1日でも早く達成したい方には最適な方法と言えるでしょう。
合宿免許自動車学校への入校から卒業までは、2~3週間が平均です。
その後に運転免許センターで適性検査と本免許取得のための学科試験を受ける必要があるのですが、3週間から1ヶ月以内に運転免許取得を実現することが出来ます。
合宿免許自動車学校であれば、夏休みや冬休みといった休み期間に運転免許を取得することは可能なのです。

合宿免許自動車学校での合格方法

合宿免許自動車学校では、運転免許取得のために必要な学科と実技の教習を集中的に行います。
教習を休むことなく受けていれば合宿免許自動車学校を卒業出来ると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
合宿免許自動車学校の合宿期間はあらかじめ決められてはいるのですが、しっかりと勉強をして試験を合格しなければ卒業をすることは出来ませんし、運転免許を取得することも出来ません。
短期間で運転免許を取得するためには、どういったポイントをおさえておくべきかをお教えしていきたいと思います。

まずは、合宿免許自動車学校に入校をしたら、最短で卒業することを目標にしましょう。
合宿免許自動車学校は全国各地にありますが、ほとんどの合宿免許自動車学校では、学科や実技の教習を修了して卒業検定を受けるまでの最短期間は2週間が多くなっています。
合宿免許自動車学校で行われる学科や実技の教習は、道路交通法に基づいて決められており、法律に基づいて授業のスケジュールが組まれます。
合宿免許自動車学校での授業スケジュールは、入校時に全て決められており、検定試験の実施日もあらかじめ決まっています。
ですので、検定試験が不合格となってしまうと次の試験実施日まで試験を受けることが出来ず、合宿の延長を余儀なくされてしまい、卒業が遅れるといったことになってしまいます。
学科や実技の教習をしっかり受けていても、検定試験に合格をしなければ卒業をすることは出来ませんので、授業外の時間に勉強をするということがとても大切になってきます。

学科に関しては教科書が与えられますので、授業以外の時間で復習をすることが出来ます。
教科書の内容を全て覚えることは、短期間ではとても難しいと言えるでしょう。
授業の中で指導員の方が試験に出やすいポイントをきちんと教えてくれます。
そのポイントを抑えて勉強をするということも、短期間で運転免許を取得しようと思うなら必要になってくるのではないでしょうか。
授業で教わったポイントを授業外の時間にしっかりと復習をする、そういった努力が検定試験の一発合格に繋がって来ます。
実技に関しては、自分で復習をすることは出来ませんので、授業時間で集中をして指導員の方の指導を受けるようにしましょう。
運転姿勢や運転方法を1つずつ確認をしながら、実技の技能は受けるようにして下さい。

合宿免許自動車学校で運転免許の取得を目指すということは、限られた短い期間で学科や実技の知識・技術を身に付けなければいけませんので、自分を追い込む必要も出てきます。
2~3週間という短期間ですので、その間は運転免許を取得することに集中をして、空き時間は勉強をするということを徹底しましょう。
また過密スケジュールの中で教習や検定試験を受けることになりますので、体調管理もとても大切になってきます。
無理をしてしまうと教習や検定試験を受けることが出来なくなってしまいますので、無理はし過ぎずにしっかりと食事や睡眠を取って、万全な体調で教習や検定試験には臨めるようにしましょう。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。