合宿免許自動車学校ナビ

合宿免許の同時教習とは何か?

合宿免許の「同時教習」とは、2つの免許を一緒に取ることをいいます。
最も多い組み合わせとしては、「普通車」と「普通二輪」がありますが、それ以外にも以下のような組み合わせがあるのです。

  • 普通車と大型二輪
  • 大型車と大型特殊
  • 大型車とけん引
  • 大型特殊とけん引
  • 大型二種と大型特殊
  • 大型二種とけん引

などの組み合わせです。

免許は、1つずつしか取れないものというイメージが強いですが、複数の免許を一緒に取ることもできます。

同時教習のメリットとは?

免許を別々に取得するのと比較すると、同時教習には多くのメリットがあります。
同時教習のメリットは、以下のようなものです。

  • 別々に取得するよりも安い料金で取得できる
  • 同時取得をすることで、通常よりも短い教習期間で済む
  • それぞれの技能を一気に学ぶことができる

などのメリットです。

同時教習の大きなメリットとしては、別々に取得するよりも安い料金で取得できるという点です。
もちろん、それぞれの自動車学校によって異なりますが、人気の「普通車」と「普通二輪」で比較してみると、同時教習を利用した方が5万円以上もお得になるケースもあります。(https://www.carac-ds.jp/License/same/merit.html)
春休みや夏休みなどを利用して、一気に免許を取得したいと考えている人は、同時教習で2つの免許取得を目指してみるとよいでしょう。

それから、別々に取得するよりも同時取得の方が、トータルの教習期間を短くすることができます。
通常、別々に取得するとなると、まずは1つ免許を取得した後に、もう1度入所して取得を目指すことになりますので、余計な日数がかかります。
ですが、同時取得であれば、通常よりも短い期間で済みますので、大きなメリットといえるでしょう。
普通車と普通二輪の同時教習の場合、教習所によっても異なりますが、最短で、22~24日程度で卒業することが可能です。
最短の卒業日数については、各教習所で確認しましょう。

さらに、もう1つのメリットは、それぞれの技能を一気に学ぶことができるという点です。
効率よく同時に技能を学ぶことができる点が大きなメリットといえるでしょう。

また、普通車と普通二輪の例で話をすると、それぞれの運転操作、特性などを理解することで、行動予測ができるようになり、危険回避能力の向上にもつながるといえるでしょう。
普通車と普通二輪による事故は意外と多いのですが、その原因はお互いの行動などが予測できていない点が大きいといえます。
しかし、同時教習で両方の特性や行動を予測することができれば、危険な状況を回避するのに役立つでしょう。
普通車を運転する人の気持ちと、普通二輪車を運転する人の気持ちの両方が理解できるので、より安全を意識して運転をすることができるのです。

同時教習のデメリットとは?

同時教習にはメリットもありますが、デメリットも存在します。
同時教習のデメリットは、以下のようなものです。

  • 運転操作の違うものを覚えなければならない
  • 精神的な負担が大きくなりやすい

などのデメリットがあります。

大きなデメリットは、同時に2つの異なる運転操作を覚えなければならない点です。
普通車と普通二輪では、運転操作が大きく異なります。
運転する感覚も違いますので、操作方法の違い、感覚の違いをつかむのに苦労してしまうことが多いのです。

また、合宿免許ではスケジュールが決められているため、そのスケジュールに沿って教習が進められていきます。
ただし、どちらかの試験などに不合格となってしまうと、教習時間が長くなりますし、2つの操作を覚えなければならないということから、精神的な負担が大きくなりやすいというのも大きなデメリットです。

同時教習を受けるためには?

合宿免許の同時教習を受けるには、同時教習を行っている自動車学校を探しましょう。
インターネットで、「同時教習」と入れて検索すれば、比較的簡単に探すことができます。

同時教習を行っている自動車学校を見つけたら、入校日、保証内容、金額、プランなどをしっかりと確認しましょう。
また、自動車学校によっては、一定の年齢以上の場合、要問合せとなっている場合があります。
プランについても、各自動車学校によって大きく異なるので、自分にあったプランのある自動車学校を選ぶことが大切です。

ページ上部へ戻る